安全運航について

当社では、船舶の運航(旅客不定期航路事業及び人の運送をする内航不定期航路事業)にあたり、安全方針及び安全重点施策を策定するとともに社員への周知徹底を図り、お客様の安全管理に万全を期してまいります。

1.安全方針

当社は人命第一、安全最優先という認識の下、全社員一丸となって万全な安全管理体制を構築していくため、その安全管理体制が十分に機能しているかを常に監視するとともに、的確かつ迅速な問題点の把握・分析とそれに基づく改善策の実施、実施した改善策の不断の見直しを行い、当社の企業理念である「安全で質の高いサービスの提供」を徹底し、安全意識の高い集団を築きあげていくこととする。

2.安全重点施策

(1)安全管理規程に基づく運航可否の判断の適切な実施により、気象悪化に伴う事故をゼロにする

  • 船長は風速・波高・視程が安全管理規程中に定めた基準に達したと認めるとき又は達するおそれがあると認めるときは、運航中止の措置をとること
  • 船長は、運航中止に係る判断を行うにあたって、自ら直ちに判断することが困難であると認めるときは、運航管理者と協議することとし、運航管理者と意見が異なるときは、運航を中止すること
  • 運航管理者は、安全管理規程中に定めた基準により運航を中止すべきと判断した場合において、船長から運航を中止する旨の連絡がないとき又は運航を継続する旨の連絡を受けたときは、船長に対して運航中止を指示するとともに、安全統括管理者を経由して経営トップへ連絡すること
  • 経営トップ又は安全統括管理者は、運航を中止すべきと判断した場合において、運航が継続されている場合は、運航管理者にその理由を求め、理由が適切でないと認める場合は、運航中止を指示すること
  • 経営トップ、安全統括管理者及び運航管理者は、いかなる場合においても船長に対して発航、基準航行の継続又は着桟を促し若しくは指示しないこと

(2)運航の安全確保に必要な対策を講じることにより、事故をゼロにする

①安全に係る月間目標の確実な実行と安全パトロール点検の実施により事故をゼロにする。

  • 安全に係る月間目標を定め、目標の確実な実行を図る。
  • 計画的な訪船活動により、月間目標の実施状況・進捗状況の確認を行う。

②ヒヤリ・ハット活動、危険予知訓練(KYT・Kiken Yochi Training)活動を根付かせ、事故をゼロにする。

  • 毎月、船内安全衛生会議にて「ヒヤリ・ハット及び危険予知訓練(KYT)活動」を実施し、その結果を会社に報告する。
  • ヒヤリとした、ハットした、気がかりなこと等を、報告する土壌を構築する。
  • 危険要因を発見する感受性を「個人レベル」から「チームレベル」に高め、問題解決意欲と能力を醸成する。

③輸送に伴う作業の安全の確保により、事故をゼロにする。

  • 発航前点検・船内点検を実施し、異常の有無を確認する。
  • ヒヤリとした、ハットした、気がかりなこと等を、報告する土壌を構築する。
  • 船体・機関・諸設備・諸装置等について毎月1回以上点検を実施する。